デトランスα敏感肌用を徹底解説!口コミや使い方などの情報まとめ

デトランスαには敏感肌用という種類もあります。

オリジナルのデトランスαではかゆみが出る人のために作られた商品ですね。

今回は敏感肌用について口コミや使い方などを紹介していきますね♪

 

敏感肌用の口コミはいい?

最初に口コミについて紹介しておきます。

デトランスα敏感肌用の口コミはこんな感じになっていました。

5点満点中4点の高評価ですね。そして口コミ件数も400件以上と多めでした。(オリジナルは2000件以上とバケモノですが…)

ただ、一部では悪い口コミもあったりします。

  • 敏感肌用でもかゆみが出てしまった…
  • 効果が実感できなかった…

こういった人はもしかしたら使い方が間違っていたのかもしれませんね。

使い方については次で紹介します。

 

敏感肌用の使い方について

敏感肌用の使い方も基本的にはオリジナルの使い方と一緒です。

 使い方についての参考記事

どういった使い方をすればいいかと言いますとこちらですね。

  • 寝る前にデトランスαを塗る
  • よく乾かしてから服を着る
  • 翌朝濡れタオルや汗拭きシートで拭き取る

基本この使い方で問題ないんですが、これ以外の間違った使い方をすると十分な効果が得られなかったり、かゆみを起こす可能性もあります。

例えばこういった使い方ですね。

  • 量をたくさん塗っている
  • 脇毛以外の部分にも塗っている
  • 肌荒れ時に塗っている
  • 夜塗らずに朝に塗っている

こういった使い方をしてしまうとデトランスαの効果を十分発揮できませんし、かゆみの原因にもなります。

使い方には注意して敏感肌用を使うようにしましょう!

 

敏感肌用って何が違うの?

ちなみに敏感肌用って何が違うのか気になりますよね。

大きな違いとしては成分の違いがあります。

オリジナル 敏感肌用
  • アルコールデナ
  • アルミニウムクロリッド
  • アルミニウムラクタート
  • プロピレングリコル
  • グリセリルステアラット
  • セチルパルミタット
  • スラミクロクリスタリン
  • トリイドロクシステアリン
  • アルコールデナ
  • アルミニウムクロリッド
  • カルシウムラクタート
  • ハイドロキシプロピルセルロース
  • 水素化キャスターオイル

まず、成分数が敏感肌用の方が少ないですね。

そして大きく違うのがアルミニウムクロリッドの濃度です。濃度はこのように違います。

  • オリジナル:20%
  • 敏感肌用:10.27%

アルミニウムクロリッドは汗腺に蓋をして汗を抑えてくれる成分なんですが、この濃度が敏感肌用の方が低いため、肌に優しい仕様となっています。

その分効果は若干ですがオリジナルに劣るんですけどね(^^;

とは言え敏感肌用でも十分な制汗効果が期待できます。

「制汗&肌に優しい」ということでユーザーとしては嬉しい仕様ですよね♪

 

オリジナルでは敏感肌用のサンプルが付いてきます

ちなみにオリジナルのデトランスαを購入すると、敏感肌用のサンプルが付いてくるって知ってました?

量は5mlとなっていますが、十分な期間敏感肌用のサンプルで試すことができます。

いきなり敏感肌用を買わずにオリジナルを買って、サンプルの敏感肌用も一緒に使ってみるといいかもしれませんね。

<おすすめの関連記事>