デトランスαの種類について|敏感肌用やストロング、手足用は何が違う?

デトランスαにはたくさんの種類があります。

  • オリジナル
  • 敏感肌用
  • ストロング
  • 手足用

どの種類にも共通していることは口コミ評価が高いということです。

ただ、種類が多いとどれを選べばいいのか迷ってしまいますよね(^^;

ということで今回はデトランスαの各種類について詳しく解説していきます。

 

デトランスαオリジナル

最初はこちらのデトランスαオリジナル。

まずはこのオリジナルを使ってみることをおすすめします。

このオリジナルを使ってみて、効果だったり肌に合うかを確かめてみるといいでしょう。

それによってそのまま使い続けるのか?あるいは別の種類に切り替えるのか?を考えればいいかと思います。

  • 問題なく使えるし効果にも満足 ⇒ そのままオリジナルを使い続ける
  • かゆみが出た ⇒ 敏感肌用に切り替える
  • 効果が物足りなかった ⇒ ストロングに切り替える

こんな感じで考えてみるといいですよ!

 

デトランスα敏感肌用

次に紹介するのがデトランスα敏感肌用です。

この敏感肌用は何が違うのかと言いますと、アルミニウムクロリッド(塩化アルミニウム)の濃度です。

  • オリジナル:20%
  • 敏感肌用:10.27%

このような濃度の違いになっています。

アルミニウムクロリッドは汗腺に蓋をして汗を抑える成分なんですが、効果が高い反面、かゆみの原因にもなってしまいます。

敏感肌用はこのアルミニウムクロリッドの濃度を下げることで、肌に優しい仕様になっているということなんですね。

オリジナルが肌に合わなかったら、この敏感肌用のデトランスαに切り替えればいいかと思います。

 

デトランスαストロング

お次はデトランスαストロング。

「より強力な効果を」ということで、アルミニウムクロリッドの濃度がさらにアップしています。

  • オリジナル:20%
  • ストロング:25%

アルミニウムクロリッドの濃度はオリジナルよりも5%高い25%。

より強力な効果が期待できる反面、かゆみのリスクはさらに高まるので、注意してくださいね!

なのでオリジナルタイプで満足できなかった場合にストロングに切り替えるのがいいかと思います。

 

デトランスα手足用

最後に紹介するのがデトランスα手足用です。

この手足用だけ他のデトランスαとは全く異なる仕様になっています。

  • ローションタイプ(他の種類はロールオンタイプ)
  • 100mlと大容量(他の種類は20ml)

広範囲に塗るため大容量になっているのかもしれませんね。

あとローションタイプということで手足の隅々まで塗ることができます。

ちなみに手足用のアルミニウムクロリッド濃度はストロングと同じ25%となっています。

手足は脇ほど皮膚は薄くないので25%の濃度でも問題ないのかもしれませんが、念のためかゆみには注意してくださいね!

 

最後に

デトランスαの各種類について紹介してきました。

結局どの種類がいいのかわからない人のためにおすすめを紹介して終わりたいと思います。

 

手汗・足汗が気になる人は手足用

これは選択肢が1つしかないですね。

手汗・足汗が気になっている人は手足用を選ぶといいでしょう。

100mlと大容量なのでコスパも抜群ですしね。

 

初めての人はオリジナル

まだデトランスαを買ったことがない人でしたら、まずはオリジナルから始めてみてください。

最初にオリジナルを使うことで、その後に

  • オリジナル
  • 敏感肌用
  • ストロング

のどれを次に使うかを考えればいいでしょう。

ちなみにオリジナルのみ敏感肌用のサンプルが付いてくるのでおすすめですよ!

まずはオリジナルのデトランスαから始めてはいかがでしょうか?

<関連記事>